巻物

気分良く踊る姉ちゃんと突風

トルネードの渦巻きを考えた魔法使い

「酢豚」のことの本や論文を書く事になったら、どんなことを書く?「竹馬の友」の由来や歴史なんかかな。それとも、一個人の観点からの見解かな。

ホーム

息もつかさず叫ぶあいつと暑い日差し

なぜか布は高い。
娘が園にもう少しで行くので、本入れやボール入れが入用なのでありながら、思ったより縫物の為の生地がばかにならなかった。
ひとしお、アニメのキャラクターものの縫物用の布なんて、とても高かった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの生地がとっても価格が高かった。
持っていく大きさのの本入れやボール入れを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、楽なのだけれども、しかし、かたいなかなので、皆、母親が縫ったものだし、近所に売っていない。

騒がしくダンスする友達と季節はずれの雪
太宰の「斜陽」は、何度も読み進められると思う。
戦前は育ちのいい御嬢さんだったかず子が、根強くて引かない女に変身する。
読むにつれてカッコイイと考えた僕。
これだけの、誰にも負けない行動力と、意見を押し通す自我が戦後は必須だったのだろう。
だけど、上原の妻からすると大迷惑だろうとも思う。

ノリノリで跳ねる父さんとファミレス

スタートさせたら、完璧に仕上がるまで膨大な時間が必要なものが、世界にはたくさん存在する。
すぐにあげられるのが、外国語の習得だと思う。
と言いつつ、お隣の韓国の言葉は、まれに、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、その上に日本語にない音が少ないので、習得しやすいそうだ。
しばらく韓国語を特訓していた友達の明日香ちゃんは、今から始めても割と習得しやすいので良いと思うよ、とのこと。
ちょっとだけ憧れたけれど丸や縦線を組み合わせたような文字はお絵かきにしか見えない。

余裕で熱弁する姉妹と履きつぶした靴
夏休みが2週間くらい過ぎた頃の夕暮れ時。
「カンけり」で鬼になってしまった少年は、とんでもなくお腹がペコペコだった。
捕まえても捕まえても、カンを蹴られて捕まえた友達が脱走するので、もはや今日のカンケリは終わらないんじゃないかとうなだれていた。
クタクタに疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が分かった。
とびっきりうまそうなカレーの香りに、少年は「やった!」と小さく叫んだ。

自信を持って話す彼女とぬるいビール

甘い物がたいそう好みで、ケーキやようかんなどをつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって作るものが限られてきた。
私と妻が大変喜んで食べていたら、子供がいっしょに口にしたがるのは当然なので子供も食べられるケーキを私がつくる。
私は、チョコ系がめちゃめちゃ好きだけれど、しかし、子供には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやかぼちゃをいれたバウンドケーキが体にもいいと考えているので、砂糖とバターをひかえて入れる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

怒って泳ぐあなたと霧
夏季で催しがめっちゃ多くなり、今日この頃、夜にも人の往来、車の往来が非常にたくさんだ。
かたいなかの奥まった場所なので、ふだんは、夜半、人通りも車の行き来もまったくないが、花火や灯ろう流しなどがされていて、人通りや車の行き来がとっても多い。
平素ののんびりとした夜半が邪魔されてわりかし騒々しいことがうざいが、いつもは、エネルギーがわずかな農村が活況があるように見えるのもまあいいのではないか。
近隣は、街灯も無く、暗闇なのだが、人の通行、車の通りがあって、元気があると陽気に思える。

ひんやりした木曜の明け方は足を伸ばして

急激にインターネットが無くてはならない物になるとは、幼かった私は全く予想できていなかった。
物を売る店はこれから先厳しくなるのではないかと思う。
ネットを使用し、できるだけ安い物をを探すことが可能だから。
争いが盛んになったところで近頃見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
もはや、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかよくわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

陽気に体操する弟と履きつぶした靴
浜辺がたいそう近く、サーフィンのスポットとしてもすごく知られているスポットの歩いてすぐに住んでいます。
そうだから、サーフィンをしたことがある方はものすごく多く、仕事の前に朝はやくちょっとサーフィンにという方もいます。
そんなふうに、波乗りをしている方が多いので、いっしょに行こうと言われることがすごくあったのですが、必ず断っていました。
その理由は、俺が、運動神経がにぶく、泳げないからです。
しかし、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行ってみたところは熟練者がするところで、テトラポッドが左右に設置されていて、スペースがごく狭い浜辺でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

雹が降った平日の夕方はひっそりと

喜ばれる贈り物を決定しなくてはと思っている。
結婚記念日がすぐで、妻に喜んでもらえる贈り物を渡したいのに大変良いおくりものが考え付かない。
妻に何か手に入れたいものがあるのならばいいのだが、ほとんど、物を欲しがる気持ちが存在しないので、欲しい物が見当つかない。
だけど、秘密で欲しい物を見つけて驚かせて喜ばせたい。

喜んで大声を出す姉ちゃんと俺
好きな歌手はいっぱい居るけれど、ここ最近は洋楽を中心に購入していた。
一方、国内のアーティストの中から、好きなのがCHARAだ。
CHARAは凄い数の楽曲を出している。
有名なのは、FAMILY、世界、DUCAとか。
日本には色々な音楽家がいるがチャラはCHARAは負けない個性がキラリと光っている。
日本には、世界中で活躍するミュージシャンも数多くいるが、CHARAも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
このような題名が浮かぶことに尊敬を覚える。
ほとんど作詞と作曲も兼ねていて、個人的には、感受性がありカリスマ的な才能がある存在だ。
JAMのユキとコラボして出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、心に残っている。
かっこよかったから。
誰もが一度、思う、思われたい感覚の事を、上手に一言で表しているから。
キャッチフレーズコンテストなどに参加してほしい。

手裏剣


Copyright (C) 2015 トルネードの渦巻きを考えた魔法使い All Rights Reserved.
巻物の端